スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱出ゲームの作り方<本を取った時に本のアイコンを表示させる>

脱出ゲームの作り方
<本を取った時に本のアイコンを表示させる>

   
まず、最初の画面。(説明1画面)
(一回拡大して、さらに大きくすると綺麗に見えます。)
レイヤーの追加と、レイヤーの名前の変更。
部屋移動用のラベル用と、アイコン表示用、フレームアクション用の3つのレイヤーを準備します。

説明1画面

(クリックすると拡大表示されます。)

次に、部屋移動用のラベルの作成。(説明2画面) 
1フレーム目に・・・start

2フレーム目に・・・s1

3フレーム目に・・・s2

4フレーム目に・・・s3

5フレーム目に・・・s4

と書きます。

説明2画面

(クリックすると拡大表示されます。)

次に、コメントから下のレイヤーを全て右にひとつずらします。(説明3画面)
なぜずらすかについては、おいおい分かってきます。

説明3画面

(クリックすると拡大表示されます。)

次に、アイコンを表示するための幅を作ります。(説明4画面)

説明4画面

(クリックすると拡大表示されます。)

次に、アイコンの本を作成します。(説明5画面)

①から順番にやっていってください。

説明5画面

(クリックすると拡大表示されます。)

先ほど部屋のレイヤーをずらしたので、前回作った移動用のボタンのアクションスクリプトを書きかえます。(説明6画面)

on(Release){
gotoAndStop("s2");
}

部屋の移動する場所をフレーム番号ではなくて、先ほど作ったラベル名で指定します。
ラベル名で指定するときは、( )の中で、さらに””で囲って指定します。

説明6画面

(クリックすると拡大表示されます。)

ここまでやってみて一度、動きを確認します。
おそらく、どの部屋にも本が落ちている状態だと思います。、
これを、なくす為に本レイヤーの3フレーム目に空白キーフレームをいれます。 (説明7画面)

説明7画面

(クリックすると拡大表示されます。)

アクションフレームにアクションスクリプトを書きます。(説明8画面)

function display (a, b)
{
i = 0;
for (i = 1; i <= 1; i++)
{
_root[a + i]._visible = b;
}
}
display ("item", false);
bookhensuu=0;

と書きます。

画像では、i <= 7となっていますが、上のように1が正しいです。(アイテムが一個のため)
アイテムが増えてきたら、この数字もあがっていきます。

bookhensuuで、変数も作っておきます。

説明8画面

(クリックすると拡大表示されます。)

前に作った本のムービークリップのアクションスクリプトに、2行つけたします。(説明9画面)

_root.item1._visible=true;
_root.bookhensuu=1;

と書き加えます。

これで、本を取った時に、アイコン(item1)が表示され、bookhensuuに1がいれられます。

説明9画面

(クリックすると拡大表示されます。)

アクションレイヤーの2フレーム目に、アクションスクリプトを書きます。(説明10画面)

if(bookhensuu == 1)
{
book_mc._visible=false;
}

と書きます。

これで、もしbookhensuuが1なら本の表示を非表示にできます。
これを書かないと、ムービープレビューをやったらわかりますが、本を取った時には、本の表示が消えますが、移動して戻ってきたら、また本が表示されているという不具合がでます。

説明10画面

(クリックすると拡大表示されます。)

これで、完成なんですが、もうちょっと脱出ゲームらしくするために、説明6画面ででてきた移動ボタンに1行アクションスクリプトを加えて下さい。(説明11画面)

on(Release){
gotoAndStop("s2");
_root.komento="";
}

と書きます。

これで、本を取った時にでたコメントが、移動した時には、消えてなくなります。

説明11画面

(クリックすると拡大表示されます。)

最後にムービープレビューで確認です。
やってみて、うまくいったでしょうか。
うまくいくことを祈っております。
一応、サンプルが見たいとのメールを頂いたので、下にサンプルを置いておきます。

サンプルフラッシュ

脱出ゲームの作り方<本をクリックした時に赤枠を表示・非表示させる>

脱出ゲームの作り方
<本をクリックした時に赤枠を表示・非表示させる>

  
まず、最初の画面。(説明1画面)
(一回拡大して、さらに大きくすると綺麗に見えます。)
アイコンレイヤーの本のムービークリップの中にはいって レイヤーの追加と、レイヤーの名前の変更。
ラベル用と、ヒットポイント用、赤枠用、ストップ用、最初からあるレイヤー1の5つのレイヤーを準備します。

説明1画面

(クリックすると拡大表示されます。)

次に、ラベルの作成とストップアクションの作成。(説明2画面) 

ラベルレイヤーで、

1フレーム目に・・・nomal

2フレーム目に・・・sentaku

と書きます。

ストップレイヤーで、1フレーム目のフレームに

stop();

と書きます。
以前に、メインのタイムラインに書いた時と同じです。

説明2画面

(クリックすると拡大表示されます。)

次に、クリックの時にでる赤枠を作ります。(説明3画面)
注意として、1フレーム目は白丸(空白キーフレーム)で、2フレーム目だけに表示させるようにします。

説明3画面

(クリックすると拡大表示されます。)

次に、ヒットポイント(クリックの有効範囲)を作ります。(説明4画面)

説明画面に、透明ムービークリップの作り方が書いてあります。
これは、同じようにして、透明ボタンも作れますので、是非、覚えて下さい。

説明4画面

(クリックすると拡大表示されます。)

最後に、メインのタイムラインに戻って、アイコンレイヤーの本のムービークリップにクリックした時に表示・非表示させるアクションスクリプトを書きます。(説明5画面)  

メインのタイムラインへは、左上のシーン1をクリックすると戻れます。

onClipEvent (enterFrame) {
if (_root.item !== "about1")
{
this.gotoAndStop ("nomal");
}
}
on (release) {
if (this._currentframe == 2)
{
this.gotoAndStop ("nomal");
_root.item = false;
}
else if (this._alpha == 100)
{
this.gotoAndStop ("sentaku");
_root.item = "about1";
}
}

と書きます。

詳しい説明は、アクションスクリプト(7)・onClipEvent (enterFrame)に書いてあります。

説明5画面

(クリックすると拡大表示されます。)

最後にムービープレビューで確認です。
本を取った後、アイコンの本をクリックして、赤枠が表示・非表示になれば成功です。 やってみて、うまくいったでしょうか。
うまくいくことを祈っております。
一応、サンプルが見たいとのメールを頂いたので、下にサンプルを置いておきます。

サンプルフラッシュ

脱出ゲームの作り方<アイコンの本を拡大表示させる>

脱出ゲームの作り方
<アイコンの本を拡大表示させる>


まず、最初の画面。(説明1画面)
(一回拡大して、さらに大きくすると綺麗に見えます。)
メインのタイムラインにレイヤーを2つ追加する。
追加の方法は、今までやった方法と同じです。
アバウトアイテム用とアバウトボタン用の2つのレイヤーを準備します。

説明1画面

(クリックすると拡大表示されます。)

次に、アバウトバックボタンの作成です。アバウトアイテムレイヤーに作成します。(説明2画面) 

アバウトバックボタンとは、アイテムを拡大した時の後ろの薄い背景です。
これをいれることで、拡大表示した時に移動や部屋の背景などの反応を無くすことができます。
ですので、部屋の背景を覆える大きさで作ってください。

アバウトバックボタンのインスタンス名は

about_back

とします。

本来、1フレーム目につくるのですが、1フレーム目には、部屋の背景がないので大きさが分かりません。とりあえず2フレーム目に作って後で、1フレーム目にずらします。

説明2画面

(クリックすると拡大表示されます。)

次に、先ほど作ったアバウトバックボタンを1フレーム目に移動させます。(説明3画面)

説明3画面

(クリックすると拡大表示されます。)

次に、閉じるボタンを作ります。アバウトアイテムレイヤーに作ります。(説明4画面)

閉じるボタンとは、文字通り、アバウトバック画面を閉じるためのボタンです。
詳しくは、説明画像に書いてありますが、閉じるボタンのインスタンス名は

close_btn

とします。

説明4画面

(クリックすると拡大表示されます。)

次に、閉じるボタンにアクションスクリプトを書きます。(説明5画面)  

アクションスクリプトは

on (release) {
about_back._visible = false;
close_btn._visible = false;
display ("about", false);
_root.komento = "";
item = false;
}

と書きます。

説明5画面

(クリックすると拡大表示されます。)

次に、アバウト本のムービークリップを作ります。アバウトアイテムレイヤーに作ります。(説明6画面)

アバウト本とは、アイコンを拡大表示した時に表示されるあれです。
作り方は、アイコンの本と同じですが、説明画像の注意をよく読んで作って下さい。
アバウト本のムービークリップのインスタンス名は

about1

とします。

説明6画面

(クリックすると拡大表示されます。)

次に、アバウト本のムービークリップにアクションスクリプトを書きます。 (説明7画面)

アクションスクリプトは

on (release) {
_root.komento = "赤い本だ。";
}

と書きます。

説明7画面

(クリックすると拡大表示されます。)

今度は、アバウトボタンを作ります。アバウトボタンレイヤーに作ります。(説明8画面)

アバウトボタンとは、アイコンを選択した時に押すとアバウト画面を表示させるボタンです。
作り方は、閉じるボタンと同じです。
アバウトボタンのインスタンス名は

aboutitem

とします。

説明8画面

(クリックすると拡大表示されます。)

次に、アバウトボタンにアクションスクリプトを書きます。(説明9画面)  

アクションスクリプトは

on (release) {
if (item !== false && itemNum == false)
{
_root.komento = "";
display ("about", false);
about_back._visible = true;
close_btn._visible = true;
_root[item]._visible = true;
_root.item = false;
}
}

と書きます。

gotmailさんのものを使わせて頂いているので、管理人もよく分かっていないのですが、説明を画像につけています。

説明9画面

(クリックすると拡大表示されます。)

アクションレイヤーの1フレーム目に、アクションスクリプトを5行追加します。(説明10画面)

アクションスクリプトは、

display ("about", false);
about_back._visible = false;
close_btn._visible = false;
_global.item = false;
_global.itemNum = false;


を追加します。

説明10画面

(クリックすると拡大表示されます。)

最後にムービープレビューで確認です。
本を取った後、アイコンの本をクリックして、赤枠を表示。
そのまま、aboutitemボタンをクリックした時、拡大した本が表示され(この時、アイコンの赤枠が消える)、拡大した本をクリックした時に赤い本だ。とコメント欄にでて、なおかつ、部屋の背景が無反応(移動ボタンを押しても移動しない)であれば、成功です。(長っ)
やってみて、うまくいったでしょうか。
うまくいくことを祈っております。
かなり脱出ゲームらしくなってきました。
あと2・3回くらいの画像付き説明で、作れるようになると思います。
一応、サンプルが見たいとのメールを頂いたので、下にサンプルを置いておきます。

サンプルフラッシュ

«  | HOME |  »

おしろのしろの他サイト

ブログ内検索

最近のエントリ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

本ウェブサイトのプライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

<クッキー・Webビーコンについて>

本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。
クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。
クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。
クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。
クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。
また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。
当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。
利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。
このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。
本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。
掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。

<クッキーの無効化と有効化>

ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。
また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。
ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当社サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。
ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。

RSSフィード

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。